【大学入試】英語の外部検定利用が延期に

2021年度の大学入試から予定していた「英語の外部検定利用」が延期になりました。

新大学入試の英語民間試験利用が「延期」 各大学の入試への影響は|高校生新聞オンライン|高校生活と進路選択を応援するお役立ちメディア
国が進める2020年度からの大学入試改革(高大接続改革)のうち、英語民間試験を利用する制度が一転して「延期」となった。現高校2年生などが受ける2021年度入試の内容にどのような影響が予想されるか。(西

ポイントは

・「大学入試英語成績提供システム」を使う予定だった大学は全部、選抜方法が見直しされる。

・独自の判断で英語の外部検定を利用する大学もある。

・センタ試験の代わりに導入される「大学入学共通テスト」の英語は、予定通り実施。

大学入試改革はまだまだ流動的なので、現大学2年生以下の生徒さんと保護者さんは今後もしっかり注目していきましょう。

大学によって選抜方法や出題傾向がこれまで以上に大きく異なります。

現高校1年生は早めに受験校を決定し、受験する大学のホームページをブックマークして定期的に選抜方法をチェックしましょうね!