高校生こそ定期テスト対策が必要なこれだけの理由

以前にもこちらの記事で書きましたが・・・

最低限おさえておきたい大学入試改革まとめ
この記事は以前のものです。その後、共通テストの方針が変更になっていますのでご注意ください。 2019.11.01のニュ...

高校生こそ「定期テスト対策」万全の準備が必要です。

大学入試改革でより一層「高校」での成績が重要に

以前から「学校の成績なんて、一般受験だから関係ない」と言われてきましたが、2020年の大学入試改革で変わっていきます。

どうやら、一般受験であっても内申点が関係する大学入試も増えてきそうです。

※学校ごとで対応がかなり違います。また年によっても変わったり、「大学入試改革」のあと数年は対応が流動的です。受験可能性のある大学のホームページをこまめにチェックし、常に動向を探る必要がありますよ!

「多面的・総合的な力を見る」というものですが、内申点だけではなく勉強以外にも興味・関心の高い生徒であるかを見るようです。

つまりボランティアや部活など主体的な活動をしてきたことなども含めて、大学側は見たいようです。

また、変わるのは一般受験だけではありません。

AO入試は「総合型入試」となり、「学力検査免除」が見直されます。

国立大学の「総合型入試」「推薦入試」は定員拡大になっていきます。

国立大学の「AO・推薦」は2018年度では16.8%だったが、2021年までに30%に拡大予定。

テスト対策は早めの準備を

学習指導会でも高校生のテスト対策を実施しています。

卒業生には案内を送付しましたが(現在、お問合せをたくさんいただいています)、普段は学習指導会に通塾していなくても、テスト前だけスポットで「テスト対策」を受講することも可能です。

個別指導なら、英語か数学のみですが気になる方はぜひ最寄りの教室までご連絡を!

(大学受験対策なら全科目対応!詳しくはこちら!

ちなみに定期テスト日程は・・・

岩見沢西高&札幌日大高:6/4~

岩見沢東高&緑陵高&岩農高:6/5~

もう1か月切ってますよ!テスト範囲が出てなくても、教科書の最初からがテスト範囲になるでしょうからコツコツ進めていきましょうね!