大手塾・個人塾・個別指導・家庭教師・・・わが子に合うのは?

「結局わが子にあう塾をどうやって見つければいいのでしょうか?」

「体験授業を受けて比較」は必修です。

ただ体験授業の申込前に、次の点をチェックしておきましょう。

まずはタイプ別に塾を把握する

1.競争心の中で切磋琢磨させる「大手塾」

もっともオーソドックスなタイプの塾です。

多くの方が持つ「塾のイメージ」は、この大手塾の集団指導型ではないでしょうか。

同じくらいの学力層でクラス分けし、授業中に当てたり皆の前で問題を解かせたり、成績貼り出しや成績順に座席を決めたりする塾もあります。

緊張感を演出しつつ生徒間で切磋琢磨・競争心も引き出しながらトップ校を目指していくクラス作りをしているところがほとんどです。

わからない箇所の質問や欠席時の振替対応などができるかは、要チェックです。

欠席時に、映像授業などで補習をとらせてくれる塾もあります。

また、一定数の生徒が集まらないと開講されない学年・科目があったりします。

学年・科目・学力によって授業曜日と時間帯が決められていますから、部活の予定と合わないお子さんは両立が難しいようです。

2.地域で信頼される「個人塾」

大手塾がひしめく中でも生き残っている個人塾は、合格実績も評判も高いからこそ続いているはず。

大手塾よりも授業時間の融通がきいたり、補習授業など「先生の馬力」でテスト前にガッチリ授業を増やしてくれたり、熱心な先生が多いです。

一方で、「キャラクターが独特」「話し方がキツい」「押しが強い」など、クセのある塾長が多いようです。

やはり体験授業を通じて「子どもとの相性」や「保護者との信頼関係が築けるひとか」を見定める必要があります。

3.一人ひとりに合わせてくれる「個別指導塾」

一斉指導型で競争の中で授業をしていくのが苦手、というキャラクターなら個別指導タイプの塾が合います。

1人の先生が巡回しながら、2~5人程度の生徒を担当する授業スタイルが多いです(対人数が少ない個別指導なら質問時間は長くとれますが、授業料は高くなります)。

家庭教師のような「1対1の個人レッスン」ではありません。

多くの塾では「学力タイプ」「希望科目」「目標の志望校」「部活などの予定に合わせて」授業設定ができるオーダーメイドの授業になっています。

一斉指導では見落とされがちな、「わからないまま授業が進んでしまう」「質問しにくい」というのが無いのが最大のメリットです。

また、生徒の実際の答案をチェックしながら理解度を先生が把握してくれるので、必要な解説をピンポイントでもらえるのも魅力です。

デメリットとしては、一斉指導塾よりも授業料が高く、5科目すべてやりたい場合は結構な出費となる点です。

また、お子さんが周りと競争しながらガツガツやるタイプであれば「ちょっと物足りない」と感じるかもしれません。

4.とにかく安い「補習塾」

「個別指導」の看板をかかげる塾でも、上記の個別指導とは大きく違う「補習タイプ塾」。

その大きな違いは、「1人の先生が無制限の生徒さんを同時に担当するスタイル」ということです。

授業というよりも「子どもたちに自習をさせ、質問があれば回ってくるときに聞いてね(または先生の席に聞きにきてね)」という運用をします。

大手塾が実施する「質問応対をするチューターの先生を1人配置した自習席」に似ています。

このスタイルでどこまで成績が伸びるかは、お子さんの特性にかなり左右されます。

場所さえあれば自学自習でどんどん進められ、部分的に質問がしたいときだけ聞けるスタイルを求める生徒さんにはぴったりハマると思います。

授業料は圧倒的に安く振替授業もし放題だったり、通塾回数が自由(通い放題)だったりする塾もあります。

5.通塾不要の「家庭教師」

塾とは違いますが、家庭教師も選択肢の一つです。

家の近くに塾が無かったり、送迎が不可だったりのご家庭であれば、通塾不要の家庭教師は魅力的です。

事前に問題をやっておき、質問したいところを選んでおけば、塾とは違い自分ひとりのために授業時間すべてを「質問」に使うことができます。

ただし、塾よりも授業料が高く、先生の当たりはずれが非常に大きいです。

学生アルバイトの派遣が多いようですが、学生は「先生の都合で振替」や「年度の途中で交代」もよくあることです。

社会人講師の家庭教師の場合はケタ違いの授業料となります。

先生の交通費も別途必要なところが多いです。

注意したいのはお子さんが「依頼心が働き、となりに先生がいないと解けない」とならないよう、先生が距離感をしっかりとってくれるかどうかです。

部屋で勉強している状況は塾と違い「第三者」はいませんので、どのような指導をしているかチェックが働きません。

信頼と実績のある先生を選びたいところです。

塾選びチェックリスト

タイプ別に塾の特徴を知っていただいたうえで、それ以外の「塾選びチェックリスト」を以下にまとめてみました。

気になる塾のホームページで確認してみてください。

掲載されていない場合は、体験授業の際に教室長に質問しましょう。

①自習席の有無は?

最近「自習席」をウリにする塾が増えています。

そこでチェックしたいのは「質問応対してくれるチューターの先生がいるか」です。

いない場合、自習席が「託児所のような賑わい」になっている可能性があります。

本当に集中できる自習席なのか、体験授業のときに直接見せてもらいましょう。

②欠席時の振替授業は?

部活の遠征や試合・家族旅行や体調不良・インフルエンザなど、どうしても塾を休まなければならない日があるものです。

その場合の対応はどうなっているか聞いてみましょう。

③個別指導なら「対人数は?」

一人の先生が何人まで生徒を担当するのかは要チェックです。

対人数よって質問できる頻度が違ってきます。

できれば、通塾している知人から「事前に聞いていた対人数で授業がされているか」聞いてみるのが理想です。

というのも、どこの塾でも講師数が不足していて、中には対人数ルールをやぶってまで生徒を受け入れてしまう「個別指導塾」があるからです(実際に保護者からよく聞きます)。

欠席時の振替授業の運用ルールが適当で「生徒が来たい日に自由に受け入れる」など生徒数管理ができていない個別指導塾もありますのでご注意を。

④講習会やオプション講座の費用は?

夏期講習などの授業料や教材費、テスト対策などのオプション講座の有無やその費用も事前チェックしたい項目です。

お月謝以外にかかる費用が不明確な塾は避けましょう。

⑤先生は「学生アルバイト」か「社会人講師」か?

人件費を抑えるために、大学生アルバイトに授業をさせる塾も多いです。

中には非常に熱心で授業も上手なアルバイト講師もいますが、十分な研修やミーティングができていないなど授業の質に疑問の残る講師もいます。

「年齢の近い先生」で生徒ウケする人気アルバイト講師もいます。

ただしそんな「お気に入りの先生」は、いつか「大学を卒業」したり「就職活動が忙しくなって」「卒業論文が大変だから」と途中で塾を辞めてしまったりが大きいです。

学生アルバイトが全員ダメというわけではありませんが、講師が「大学生か」を事前面談の時に質問し、大学生の場合はどういう研修をしているか・どこの大学に通う学生なのか、塾側が明確に答えられるかも入塾の判断材料にしましょう。

⑥合格実績は?

大手一斉指導のほうがトップ校への合格実績が高いはずです。

難関校を受験する生徒さんが個別指導塾を選ぶ場合は、志望校への実績の有無をしっかりチェックしましょう。

⑦高校コースの有無は?

中学を卒業したあとも通塾したい場合や、高校へ入ってから「テスト対策」「大学入試対策」を受けたいとなった場合、やはり中学のときに通っていた塾に入るのが安心です。

しかし肝心の「高校コース」が無いという塾もあるので、「高校進学後」のことも考え確認しておきましょう。

必ず「体験授業」を受けてみる

塾のシステムや校舎がどんなに立派でも、肝心の「授業」がわかりにくければ意味がありません。

見学を希望される方もいますが、塾の実態を知るにはやっぱり「体験授業」がベストです。

体験授業の受付の際、親御さんは先生や教室・他の生徒の雰囲気など「わが子がやる気をあげられる環境か」をよく観察しましょう。

教室長・講師のキャラクターや教室の美化、掲示物や他の講師の話し方・立ち振る舞いもチェックしましょう。

「子どもたちのためになる塾」は、教室に「勉強したくなる雰囲気」がただよっているものです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

当塾「学習指導会」の売り込みをせず、できるだけ客観的に書いてみました・・・

・・・お子さんに合った「良い塾」、見つけてくださいね!