『やる気が上がらない』ときのキッカケに

あっという間に10月突入ですね。

中3生は、入試まであと5か月。
学習指導会でもこの時期、「限られた時間で何の科目を優先して勉強すべきか」に悩む子が多いようです。

苦手科目なら入試当日までに得点を伸ばせる「伸びしろ」が多いのも現実です。
(社会が苦手で、いつも30点くらいの得点なら、あと30点分上げられる可能性が残っています)

逆に得意科目であれば、いくら勉強しても入試当日までに上げられる「伸びしろ」に限りがあります。
(数学が得意で、いつも50点くらいの得点なら、あと10点分しか上げられる余地はありません)

それなら【苦手科目に集中して、徹底的に強化していく】のが良い作戦のように思えます。

たしかにそうなのですが、単純にそうはいきませんよね。
勉強に限らずどうしても「好き」「嫌い」はあるものです。
モチベーションの問題が壁になります。

そこで、家庭学習の行き詰まり(なかなか気持ちが盛り上がらない)という場合は、いっそのこと「得意科目」を思いっきり勉強するのもお勧めです。

テンポよく問題を解いていくのは気分がいいですよね。
そういう科目がひとつでもあるひとは、ぜひ「気持ちを盛り上げてくれる得意科目」の勉強を良いタイミングでたっぷり進めてみてください。

得意科目の勉強がはかどる達成感が、苦手科目の勉強に対して前向きになれる「きっかけ」になりますよ。
ぜひ参考にしてみてくださいね。