中学生の苦手科目は「数学」「英語」、対処法は?

「数学」が苦手な原因は?

ベネッセ教育総合研究所の「高校受験調査」(※)によると、高校受験を経験した高校1年生の「中学生のころに一番苦手だった教科」の第1位は「数学」、第2位は「英語」という結果でした。

数学も英語も「理解の積み上げ」が必要な科目です。

とくに数学は、小学校の算数が苦手だった子は確実に、中学でも苦手になります。

その原因の多くは「練習量不足」にあると考えます。

今まで学習指導会に入塾してくれた子を振り返ると、分数や小数の計算がスラスラできない子も少なくありませんでした。

また、間違えの原因を自分で見つけることができない子もいます。

たいせつなのは「わかる」だけではなく、「正確にできる」ことです。

習ったらすぐ復習・定着を図る。

これにつきます。

スポーツと同じ、練習すればするほど試合中のミスが少なくなります。

英語は「単語」の積み上げを

北海道の公立高校入試は、ほとんどが「長文読解問題」です。

長文といっても、結局は「英単語」の組み合わせでできているわけですから、単語一つひとつを知っているかが重要です。

これも、やはり積み上げが必要。

小5から「教科化」されている英語ですが、学校の授業中に覚えきることなど不可能です。

教科書で登場する単語は、家でコツコツ自主練習です。

学校の授業では「発音」をよく聞き、みんなで発声するときは元気よく英語を読みましょう。

できれば、教科書に合わせたリスニングCDを家で聞いたうえで、学校の授業にのぞむと理解が深まります。

「聞く」「読む」「書く」、行動あるのみです。

伸び悩みの原因はどこにあるか

「中1のころはそこそこ取れていたけど、中2になったら伸び悩んでいる。」

そんなご相談も多くいただきます。

原因は「どこから理解できていないか」が把握できていないことにあります。

原因がはっきりしないと、対処法が見つかりません。

「やっているけど、伸びない」ひとは、「何を」「どれだけやるか」を見つける必要があります。

ただ単に「がんばる」「勉強する」だけではいけません。

具体的に何をするかが見えなければ、行動できないものです。

自分で見つけるのが難しいひとは、ぜひ学習指導会にご相談ください。

体験授業や診断テスト・テスト対策や講習会を通して、個人別に「伸び悩みの原因」を見つけ、正しい学習習慣とやり方を提案します。

シェアする