「こうなりたい」という欲求があれば成績は伸びる

泳ぎができるようになるには「泳げるようになりたい」という欲求が必要です。

泳ぎの上手な人を見て「自分もあんな風に泳ぎたい」と思う子もいれば、中には「体育の時間で水泳があったので、なんとなく泳げるようになった」「泳げないと格好悪いから」「溺れたくないから必死に練習した」という子もいるかもしれません。

いずれにしても大切なのは、「こうしたい」という本人の主体的な気持ちです。

勉強も同じではないでしょうか。

まずは「こうなりたい」という主体的な気持ちがなければ、成果を上げることができません。

一番困ってしまうのは、勉強する本人に「どうしたい」「どうなりたい」という欲求がない場合です。

もちろん興味の持つ対象は人それぞれ、勉強そのものに興味を持てる子は一部かもしれません。

それでも、「できるようになる楽しさ」「力が伸びていくことの喜び」は勉強の中から感じることができるはずです。

しかし、学びたい欲求を失っている子は、勉強における過去の成功体験が少ない子です。

あるいは、周りの大人たち(親・先生・兄弟)に無理強いや悪い評価を下されて、承認欲求を満たせなかった子ではないでしょうか。

勉強をしても良い思いをしない・・・これでは机から遠ざかるのも当然です。

学習指導会の入会前面談時に、まれに自分の成績状況を他人事のように考えているように見える子がいます。

親御さんは張り切って入塾させるつもりでも、本人に「欲求」が無ければどんな塾に入っても成果は上げられません。

成績があがらないからと、いろんな塾を転々としている生徒さんに多いです。

「成績を上げたい」「得点を伸ばしたい」「できないところをできるようにしたい」という欲求さえあれば、正しい手順で勉強方法を提示し継続的に評価(正しく褒める)してあげることで、次のやる気を伸ばすことができます。

本人のためを思ってとった行動でも、親御さんが本人の意思を確認せず「塾に通わせる」とか、志望校やテストの目標点を勝手に決めてしまうとか、文具をすべて親が決めて用意してあげる等は避けるべきです。

本人から勉強に対して主体性を奪うことにつながりかねません。

ときにはテストで痛い目を見るのも一つの方法です。

それで本人が「どうしたいか」の欲求がわいてくるなら、失敗も糧になります。

前期期末テストが終わり、成績表が配布されるタイミングです。

成績不振のご家庭は、まず「本人がどうしたいのか」を食事中などリラックスした環境で聞いてみてはどうでしょうか。

シェアする