「良い成績をとろう!」その前に。

どこか旅行にいこう、と予定を立てるのにはまず「行き先」を決めます。

行き先を決めずに飛行機や列車に飛び乗ることは、まずしません。(そういう旅も、楽しそうですが)

勉強についても、目的地が決まっていないと子どもは行動を起こせません。

「どうしたいか」

「何をしたいのか」

「どうなりたいのか」

そういった目的、動機が決まっていない子どもは勉強に対しても身が入らない、主体的な行動がとれないように感じます。

良い得点をとろう!

良い成績を取ろう!

・・・でもその前に、なぜ「良い得点」「良い成績」が必要なのか。

塾を探す前に、良い学習方法を探す前に、まずは目的・動機をはっきりさせましょう。

ご家庭でもじっくり、お子さんが「何をしたいのか」「どうなりたいのか」聞いてあげてください。

はっきり見えていなくてもいいと思います。

「こうしてみたらどう?」など、提案してみてはどうでしょうか。

その時、大半の子どもは親の思い通りにはなりません。

僕の親は僕を「公務員」にしたかったようですが、親の希望はあっさり裏切られてしまいました。

お子さんの人生は、お子さんのものです。

本人が決めたことなら、最後は背中を押してあげましょう。

シェアする