子どもを伸ばす褒め方

子どもを「褒めて伸ばす」は、昔から使われている常套手段です。

でも、褒め方によっては伸ばしたり、逆効果になったりするという研究結果があります。

その研究方法は省略しますが、重要なポイントは

能力や結果に対して褒める

のではなく、

努力の過程を褒める

ことのようです。

例えば

「賢いね」「頭いいね」「良い点とれたね」

と言っても、その後の成果につながりにくく、

「宿題早めに終えられたね」

「今日は1時間も長く勉強したんだね、がんばったね」

など、具体的な行動に対して褒めるのが良いようです。

行動に対して褒めると、「これをやったから成果につながったんだな」と子どもも理解するんでしょうね。

ぜひ参考までに!

シェアする