数学が苦手な子の共通点

学習指導会でこれまで見てきた生徒さんのうち、数学が苦手な子に共通するのは

途中計算を書かない

という点です。

逆にいえば、これを改善できれば数学ができるようになります。

人間は「マルチタスク」が苦手です。

二つのことを同時にやろうとすると、間違えやすい。

子どもも大人も同じですよね。

数学も、途中計算を書くのが面倒か、あるいは「できる」という思い込みで、たとえば方程式の「移項」と「分数計算」を同時にやろうとして「符号ミスをする」という解答をよく見かけます。

きちんと練習量を取って「型」が固まる前に、そのような「近道」をしようとすると、「わかっているのに得点できない」が続いてしまいます。

すると、「得点がとれないから数学はイヤ」と苦手意識ができてしまいます。

「数学嫌い」の生徒の意識を変えるのは、とても苦労します。

そうなる前に、次のことを実践しましょう。

①どんな考え方を使って、どんな手順で解いていくのか、その流れを普段からしっかりノートに書きだす。

②途中計算は消さず、もし間違えた時はあとで「どの手順でミスをしたか」振り返れるようにする。

③余白は多めにとる。答え合わせをしたときには「正しい途中計算」を書き込めるスペースをつくっておく。

これができれば、問題を解くごとに頭の中でも整理ができ、「早く」「正確に」できるようになります。

今日から始めましょう。

実践と継続あるのみです!

シェアする