英検で大学入試

【大学入試】英語の外部検定利用が延期に
2021年度の大学入試から予定していた「英語の外部検定利用」が延期になりました。 ポイントは ・「大学入...
2019.11.01のニュースで「英語の外部検定利用が延期」になりました。以下は過去の記事です。

2020年の大学入試から、英語は外部検定を利用することが決まっています。

この外部検定、英検やTOEIC・GTECなどさまざまですが、ほとんどの生徒さんは、一番なじみのある「英検」を選択すると思います。

大学進学を考える現高校1年生以下の生徒さんは、早めに英検を取っておけば有利ということですね。

英語の外部検定がどう利用されるかは、まだ学校ごとに対応が確定していませんが、

  1. 出願資格として必要
  2. 共通テスト(センター試験の代わりに導入される)と合わせて利用

このどちらかの大学が多そうです。

いずれにしても、大学入試の勉強に追われる時期よりずっと前に「英語だけは入試を先に受けておく」ことが可能ということですね。

高校1年生で「準2級」、2年生で「2級」を取っておけば、英語の大学入試対策から解放される可能性が高いです。

先回りした対応をお勧めします。

学習指導会では、「ブロードバンド予備校」の英検対策をお勧めしています。映像授業コースについては>>こちらを参考にしてみてください。