インフルエンザにも、きっと効く

インフルに立ち向かう

岩見沢では一足先にインフルエンザが流行っていると聞きます。

学習指導会の講師や生徒はまだ大丈夫のようですが、風邪でダウンする講師がちらほら・・・。(授業を振り替えた生徒さん、ごめんなさい・・・)

さっそくドラッグストアで「クレベリン」を購入。

この「クレベリン」、置き型芳香剤タイプのウィルス除去・除菌剤です。

二酸化塩素という成分が、部屋の空気をいい感じにしてくれるそうです。

しかし効果があるかは微妙で、消費者庁から「部屋中の除菌?アヤシイのでは?」と広告表記に指導が入ったそうです。

ただ、アマゾンのレビューには「おかげで今年はインフルエンザになりませんでした!」の声がぞくぞく。

プラシーボ効果(思い込みで効くみたいな)でもなんでもいいので、受験時期の講師インフルダウンを防ぐべく先週から「クレベリン」設置しました。

(近くで嗅ぐと「塩素っぽいにおい」がしますが、教室中にニオイがこもるわけではないのでご安心ください)

そもそもインフルって何もの?

ところで、インフルエンザも風邪も、両方とも「ウィルス」なんですって。

「菌」じゃない。

そもそも「ウィルス」は厳密には「生き物」ではなく、たんぱく質でできた「物体」なんだそうです。(菌は細胞でできた生き物)

でも、中に「ゲノム」が潜んでいて、まぁ遺伝子のようなものでしょうか、それが「生き物」の細胞にくっついて悪さをするんだそうです。

インフルエンザはタミフルなど、ウィルスに効く薬が開発され、型が合えば効くようですが、もっと身近な「風邪ウィルス」に対抗する薬は・・・ないんだとか。

病院で処方されるのは「風邪による症状を緩和するための薬」であって、風邪ウィルスそのものを退治する薬ではないんですって。

(抗生物質は「殺菌」の薬であって、ウィルスには効かないそうです)

では、風邪ウィルスにはどう立ち向かえばいいかというと・・・

食べて寝る

風邪をひいてしまったら、とにかく安静にする。

よく食べ、よく寝て、免疫力に頼るほかないんだそうです。。。

もっとたいせつなのは、予防。

風邪ウィルスにやられないよう、日々の不摂生に気を付けて、十分な栄養と睡眠をとり、程よい運動をしてストレスを溜めないこと。

ダイエットなんて、もってのほかですよ(免疫もホルモンバランスも乱れ、ストレスもたまります)。

生徒さんも講師さんも保護者さんも、これから年末から受験シーズンに向けてそれぞれ忙しい毎日ですよね。

ウィルスに負けないよう、「栄養」「睡眠」「ストレス発散」ですよ!

(受験生は「発散」しすぎないようにね)