天才ではない皆さんへ

入試に「ひらめき」は必要なし

斬新な絵を描く画家も、最初からそんな絵を描いていたわけではありません。

「デッサン」のような、基本の基本を積み重ねてから「常識から外れる作品」を作り上げるようになります。

野球も「素振り」、サッカーも「ドリブル」、すべて基本の積み重ねからですよね。

学校のテストも入試も「今までにどれだけ問題を解いてきたか・考えてきたか」で勝負が決まります。

「ひらめき」のようなセンス頼みではなく、解法のパターンをたくさん積み重ねていくことが重要です。

例えば数学だと「ここに補助線を引けばいいのでは?」などと過去の記憶をたどって問題を解けるようになります。

「部活や習い事が忙しいから、もっと短時間で」
「得点アップのコツを知りたい」

というひとに限って、「問題練習量が全然足りない」という人が多いです。

ここをおろそかにして、教科書や参考書を眺めているだけではダメ。
実際に手を動かして問題を解きましょうね!

「テスト?終わったら捨てちゃった」

・・・という子がたまにいます。
もったいない!

テストは「良かった」「悪かった」で終わってはいけませんよ。

自分の答案を見て
「どういうミスをしたか」
「自分が間違えやすい問題はどれか」
「理解できていない問題はどれか」
をしっかり探りましょう。

(学習指導会に通う生徒さんは、授業中に実施済みですね。時間の都合で学力テストの解き直しは実施していませんが、同じことを家でやりましょう!)

テスト後は、必ず解き直しを!

「理解できていない問題」は学校・塾の先生に質問しましょう!
(すべての問題を解けるようにするのが理想ですが、学力によっては「取捨選択」も必要です。)

ミスした問題が本当に「解けるようになっているか」を、同じ問題であってもまた解いてみる。

この「アウトプット」をしっかり進めることで、記憶が定着します。

(アウトプットの大切さについての記事はこちら)

学力アップ『3つ』のポイント
学習指導会では、ご入会の際に保護者さんと生徒さんに教室に来てもらい個別カウンセリングを行ないます。 勉強で困っていることをお聞きすると...

「同じ問題なんか退屈」
「どうせできるから、別の問題をやりたい」

いいえ。同じ問題を解くことで
「どういう考え方を使って」
「正確にできるか」
の定着ができます。

新しい問題を解くよりも「得点アップ」に効果的です。

春休みに「前学年の定期テスト・学力テストをもう一回すべて解き直し」までできればカンペキです。

「繰り返し」が大切なのは、テストだけのことではありません。
受験生は、今まで解いてきたテキストに「ミスした問題にはチェック」を入れてきましたか?

その問題を、テキストの最初から冬休み中にざーーっと解いていきましょう!
問題を見た瞬間に「解法」がひらめくくらいに仕上げましょう。

「あれ?結局ひらめきって必要なんじゃん・・・。」

いいえ、この「ひらめく」は過去の「繰り返し練習」による結果です。

センスで解く「天才タイプ」ではない(僕も含めて)大半のひとは、とにかく解法パターンを日々積み重ねていきましょうね!