祝入学式・良い習慣を身につけるための3つのポイント

北海道の公立小学・中学は今日が入学式でしたね。

ご入学の生徒さん、おめでとうございます!

緊張の1日だったかもしれませんが、まずは新生活に慣れていきましょうね。

良い習慣を身につけるための「3つのポイント」

新中1のみなさんは、学校生活といえば「勉強」「部活」「友人関係」が何より気になるところでしょう。

新中1生が知っておくべき激変する受験
新中1生から「高校入試」が大変になる 来年でセンター試験が無くなることが注目されています。 しかし、それと同じくらいのインパ...

以前、こちらにも書いた通り「新生活」を楽しみつつ「勉強」も手を抜かず、しっかり両立させましょうね。

さて、ここで新中1のみなさんに覚えておいてもらいたいこと3つです。

1.たいせつなのは「定期テスト」

学校の成績に関係するのは「定期テスト(中間・期末テスト)」と呼ばれるものです。

他に「学力テスト」「全国標準テスト」もありますが、こちらは単に実力試しのテストです。

得点できるに越したことはありませんが、テスト勉強にエネルギーを使うべきは「定期テスト」です。

あれもこれも・・・と戦線拡大すると時間が足りません。

その辺は上手に判断しましょうね。

2.「小テスト」や「提出物」

教科によっては「小テスト」が不定期に実施されます。

これも成績に関係しますので、しっかり準備をしてテストにのぞみましょう。

また、「学校ワーク」「ノート」の提出を求められることがあります。

期日までにしっかり提出していないと、せっかく定期テストで高得点をとっても、成績が下げられてしまいます。

ご注意を!

3.部活と両立

時間の使い方をしっかりコントロールしましょう。

あらゆる実力養成(部活も勉強も)は、習慣の積み重ね次第です。

中学生活に限らず、どんな時間の使い方をするか・・・それでキミの将来が決まります。

(参考までに「時間の使いかた」は、こちらの記事もどうぞ)

家庭学習の時間短縮アドバイス
「とにかく時間が足りない」みなさんへ 教室で子供たちを見ていると、とにかく「質」よりも圧倒的に「量」が足りていないがために、習ったことが定...

新中1生のみなさんの「新しい3年間」が充実したものになるよう、願っております!