4月に学力テストが3つもある!

各中学校の年間行事予定表が配布されはじめました。

学習指導会では各学校の定期テスト日に合わせて、対策授業の日を設定します。

(修学旅行や宿泊学習など、学校イベントと重なる授業を別日に振替をしますのでご安心ください!)

4月に「学力テスト」が3つもある!

4月にテストが3つもある!

年間行事予定表を見て、「!?」と思った親御さんもいらっしゃるかもしれません。

学校によって、中3生はこの4月に3回もテストがあります。

しかし、どれも「学校の評価には(原則として)関係のないテスト」ばかり。

あくまで実力だめし程度に考えてもらって大丈夫です。

(学校の教科によっては「テストはすべて評価に関係するぞ!」という先生もいるようですが、実際に評価に関係しているかは定かではありません)

「実力試し系テスト」は、以下の3つです。

  • 学力テスト
  • 全国学力・学習状況調査
  • 全国標準学力テスト(NRTテスト)

ここで、それぞれテストの種類を見ていきましょう。

「学力テスト」は”全道”統一テスト

学力テストと呼ばれるものは、全道の公立中学校で同日に実施するテストです。

ただ、やる回とやらない回は、各学校で任意に決められています。

また、同じ学校であっても学年・年度によってもバラバラです。

学習指導会ではいろんな中学校の「平均点」を比較して、学校間のレベルの違いも見ながら進路指導にも生かしています。

「全国学力・学習状況調査」は、小6と中3のみ

新聞にも掲載されますよね。

あのテストが「全国学力・学習状況調査」です。

全国版のテストですから、結構難しいです。

小6と中3のみを対象とし、科目も限定されています。去年は国数(算)理でした。

国の調査テストですが、自治体ごとにランキングが出てニュースにもなりますよね。

残念ながら、北海道は平均より下になることがほとんど・・・。

北陸勢が強いです。

ちなみに、去年の問題はこちらで確認できます。

今年は4/18が実施日なので、中3生や小6生は解いておくのもいいのでは!?

【2018年度全国学力テスト】都道府県別・政令市別結果、問題と解答を掲載しています
2018年度全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の都道府県別・政令市別結果と問題・解答を掲載しています。

「全国標準学力テスト」はマークシート

NRTテストとも呼ばれていますが、社団法人が実施するマークシートのテストです。

こちらも全国版のテストです。

コンピューターが採点・分析してくれ、どの単元が苦手なのかも判別された「個人票」が配布(1か月後くらい)されますので、今後の学習の参考にしましょう。

テストは「やりっぱなし」にしない

テストは「やりっぱなし」にしない

学習指導会では「北海道学力コンクール(道コン)」を実施しています。

こちらは全道統一模試で、志望校に対する合格判定も出されます(最大で4校を判定)。

試験監督をする際にも塾生の皆さんに伝えていますが、テストは「やりっぱなし」にしないことがたいせつです!

解答が配布されますので(道コンの場合は「解説」も配られます)、必ず「ミスした問題の解き直し」をしましょう。

どういった問題で落としているか・理解ができていないかを自分で把握することは大切な勉強です。

単に「よかった」「わるかった」で終わらせる人と、しっかり「振り返り」ができる人とでは、その後の学力の伸びがまったく違ってきます!

解いた問題も、しばらく放っておくと記憶がどんどん薄れていきます。

なるべく早くに「解き直し」をし、定着をはかりましょう。

受験は「コツコツ」努力していったもん勝ちです。