「どの高校から、どんな大学に進めるんですか?」

「高校別、大学進学実績」を再掲載します。

必ずしも、「高校によって、どの大学に進学できるか」が決まるわけではありません。

ただ、進学のための環境が整っているかは大切です。

高校のクラスのみんなが大学進学のための努力をしない環境であれば、自分だけが努力し続けるのはとてもシンドイです。

日々の勉強以外に、周りの友人の誘いに打ち勝つ強い気持ちが必要になります。

大学進学を少しでも希望している中学生のみなさんは、今からめいっぱい勉強して岩見沢東高か札幌圏の高校にいきましょう。

・・・一方で、世の中のすべてのひとが「大学進学のための努力」をする必要はないと思うんですが、どうでしょうか?

自分の特性をよく考え、一人ひとりが「得意」を伸ばせることが一番ですよね。

さて、自分の「得意」は何でしょう?

スポーツ?

音楽?

絵をかくこと?

人を笑わせること?

服や靴やカバンやアクセサリーをデザインすること?

料理?

パソコンを使って面白いコンテンツを作ること?

文章を書くこと?

人とコミュニケーションをとること?

ダンスや演劇で人に感動を与えること?

なにかモノをつくること?

動物と触れ合ったり、植物を育てたりすること?

海や森など自然にふれること?

中学生・高校生のみなさん、今からしっかり自分と向き合い、考えて考えて、ひたすら考え続けましょうね。

親御さんは、お子さんの「得意」をぜひ認めてあげてください。

残念ながら、お子さんは「親の思う通りの人生」は歩まないと思います。

親とは違う特性をもって、親とは違う人格をもっていますもんね。

僕やお父さん・お母さんが、「親の言う通りの人生を歩んできたかどうか」を振り返ってみると、どうでしょうか?

・・・ちなみに、うちの親はずっと僕に「公務員になれ」と言い続けていました。

そして親の願いは、かないませんでした。