内申点と内申ランクの計算方法 in 北海道

内申点の計算方法

中1~3まで9科目すべての通知表合計から計算されたものが「内申点」です。

中1時の最終通知表9科目の合計×2

中2時の最終通知表9科目の合計×2

中3時の最終通知表9科目の合計×3

この合計が「内申点」です。

中3生は、現学年の「前期」あるいは「1学期」または「2学期」の成績が出ているなら、直近の成績を「中3時代の最終内申点」として仮計算します。

中2生は、中1時の最終通知表に加え、現学年(中2)の成績を中3でも同じ成績だったらと仮定して計算しましょう。

(中1成績合計×2+中2成績合計×5)

中1生も同様に、現学年の成績を「中2」「中3」でも同じ成績だったらと仮定して計算します。

(中1成績合計×7)

内申ランクの出し方

内申点を20点ずつに区切ったものが「内申ランク」です。

Aランク:315~296

Bランク:295~276

Cランク:275~256

Dランク:255~236(オール4くらい)

Eランク:235~216

Fランク:215~196

Gランク:195~176(オール3くらい)

Hランク:175~156

Iランク:155~136

Jランク:135~116

Kランク:115~96

Lランク:95~76

Mランク:75~63

当然、同じランクの中でも「内申点の高いひと」が受験に有利です。

入試当日300点と内申点315点

公立高校の入試は2021年3月入試まで、5科目60点満点で、合計300点満点です。

2022年3月入試から変わります
【速報】学校裁量問題廃止・北海道公立高校入試で2022年度から
現在実施されている「裁量問題」の実施ですが、現中1の入試から廃止されるそうです。 つまり、英語・数学・国語で一部「難しい問題」に差し替...

このうち国数英は各科15点前後「裁量問題」と「標準問題」が用意されていて、岩見沢でいうと「岩見沢東高校」のような進学校は「裁量問題」を利用した受験になります。

「裁量問題」は「標準問題」とは違って、応用力が試される問題。

なので普段から応用問題を素早く解く訓練が必要になります。

とはいえ、「裁量問題」であってもあくまで教科書内容の応用ですから、まずは教科書レベルの基礎力強化に全力をあげましょうね。

内申点も大切ですが、やっぱり当日点も大切。入試の得点アップには、講習会での復習がかかせません。

学習指導会の冬期講習でいっしょに志望校合格を目指しませんか?

詳細はこちら↓↓

個別指導だから伸びる!わかる!2020年冬期講習要項
(12/1追記)3教室とも空席がわずかとなりました。ご希望の日時が取れない場合は、「中学生:5コマ14,575円+テキスト代」でのご案内とな...