【北海道の高校入試】内申点重視?当日点重視?学校裁量ってなに??

学校裁量とは

北海道の公立高校入試では、各高校の定員70%は「内申点」と「当日点」の合計点で高い順に合格者を決めます。

一方で残り30%は、各高校の裁量によって

・内申点重視(定員の15%)

・当日点重視(定員の15%)

で計算して、高い順に合格者を決めます。

重視比率は各高校によって決まっています。たとえば岩見沢東高校(令和2年度入試)だと

当日点重視・・・当日点:内申点(10:0)

内申点重視・・・内申点:当日点(6:4)

です。

※各高校の「学校裁量」一覧は>>こちら。(道教委ホームページより)

つまり、70%定員の中には入らなかった子でも、当日点が極めて良かった場合は、この当日点重視の枠で合格できますし、逆に当日テストが振るわなかった子は「内申点重視」で合格する可能性もあります。

いずれも全体の定員から比べると狭き門なので、最初からこちらを前提とした出願は控えたほうがいいです。

「定員割れ=全員合格」ではない

一定の学力に満たない場合、定員割れしていても不合格者を出す高校が増えています。

実際に、定員割れしていた学校を受験した当塾の生徒に聞き取りをすると、「同じクラスの子が不合格だった・・・」という話を聞きました。

例年定員割れしている学校だから大丈夫・・・などと気を抜かないように。

定員や倍率に惑わされず、自分の「行きたい高校」を選びましょう!